孫中山(孫文)故居記念館(故居・お墓)


孫中山(孫文)の像

孫中山(孫文)の像

孫中山(孫文)故居記念館の概要

孫中山(孫文)(1866年11月12日 – 1925年3月12日)は中華民国時代の政治家・革命家で初代中華民国臨時大総統。妻は中華人民共和国の副主席を務めた宋慶齢。
 中華民国では国父(国家の父)と呼ばれる。
 中国では孫中山の名称が一般的となっている。
 この故居はカナダの華僑から敷金で建てられた欧州風の洋館で、孫中山が宋慶齢と結婚後の1918年に上海に戻った際にこの家に住み始め孫中山が1925年に逝去するまでこの家で過ごした。
  また宋慶齢は孫中山の没後も1937年に香港に移り住むまでこの家で暮らした。
  1945年に宋慶齢が上海に戻った際、国民政府にこの建物は寄贈され、孫中山の業績を称える永久記念地とされた。
  その後の中華人民共和国成立後、1961年に全国重点保護文物単位に指定され、1988年に一般開放された。
  2017年には中国建築遺産にも選ばれている。
  故居の建物本体は敷地面積は約1013平方米、建物床面積は452平方米の2階建ての木組み構造のレンガ住宅となっている。
  この建物に隣接して、文物館が置かれ当時の貴重な資料などが展示されている。 
  なお建物に入る際は靴にカバーを付けることを求められる。また故居内は撮影禁止となっている。 

孫中山(孫文)故居記念館の基本情報

中国語名称:上海孫中山故居記念館
英語名称:Memorial Hall of Sun Zhongshan’s former residence in Shanghai
運営機関:上海市
開館:1988年3月
国家ランク:4A級
主要収蔵品:
住所:上海市黄浦区香山路7号
電話:(021)53063361
入館料:大人20元(現金・銀聯・支付宝・微信)
開放時間:9:00-16:00(終了30分前に入場中止)
見学に必要な時間:1.0時間
公式サイト:http://www.shsoong-chingling.com/

孫中山(孫文)故居記念館の交通アクセス・行き方

上海軌道交通13号線淮海中路駅下車徒歩8分
上海軌道交通1号線10号線12号線陝西南路駅徒歩15分

孫中山(孫文)故居記念館の関連情報

淮海路・旧フランス租界エリアのホテル
黄浦区のホテル

その他の上海の有名人故居・お墓

宋慶齢故居
毛沢東故居
魯迅故居

魯迅の墓

孫中山(孫文)故居記念館の地図


百度地図での閲覧はこちら

上海市内の有名人故居・お墓◇-◇上海市内の観光地◇-◇上海の観光地

にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へにほんブログ村