上海軌道交通2号線(地下鉄2号線)


上海軌道交通2号線

上海軌道交通2号線

◎上海軌道交通2号線(地下鉄2号線)の各駅

徐涇東駅
虹橋火車站駅―(10号線)
虹橋2号航站楼駅―(10号線)
淞虹路駅
北新涇駅
威寧路駅
婁山関路駅
中山公園駅―(3号線4号線)
江蘇路駅―(11号線)
静安寺駅―(7号線)
南京西路駅―(12号線13号線)
人民広場駅―(1号線8号線)
南京東路駅―(10号線)
陸家嘴駅
東昌路駅
世紀大道駅―(4号線6号線9号線)
上海科技館駅―(崇明島・長興島へのバス
世紀公園駅
龍陽路駅―(7号線16号線上海リニア線)
張江高科駅―(上海LRT-張江有軌電車
金科路駅
広蘭路駅※注―(上海LRT-張江有軌電車
唐鎮駅
創新中路駅
華夏東路駅
川沙駅
凌空路駅
遠東大道駅
海天三路駅
浦東国際機場駅―(上海リニア線)
※市内(人民広場)方面の列車(8両)と浦東空港(4両)の列車は広蘭路駅で乗り換え。(直通運転無し)

◎上海軌道交通2号線の概要

上海軌道交通2号線は2000年6月に中山公園‐龍陽路の区間が開通しその後に徐々に東西へ延伸され、2010年には上海虹橋国際空港上海浦東国際空港の上海2大空港を繋ぐことになった。
総延長約60キロで全部で30の駅が設置されており上海市内の市街地の重要な拠点を東西に結び、1号線を上回るほどの重要な路線となっている。
現在の路線は上海国家会展の設置される徐涇東駅を起点とし、虹橋枢紐と呼ばれる上海虹橋駅上海虹橋国際空港のターミナルの真下を通り、虹橋開発区をかすめ商業で賑わう中山公園で3・4号線と交差、江蘇路駅で11号線と接続し、高級百貨店のある静安寺で7号線と接続する。
さらにて南京西路の地下を通って上海博物館上海大劇院のある人民広場で1・8号線と連絡する。
その後、外灘(バンド)が近い南京東路で10号線に接続し、上海環球金融中心・金茂大厦・東方明珠テレビ塔など高層ビルの立ち並ぶ金融街のある陸家嘴を経由したあと、地下鉄の一大ターミナル世紀大道で4・6・9号線と接続し、上海東方芸術中心などの文化施設のある科学技術館、そして市民の憩いの場である世紀公園を経て、磁浮列車(リニア)の起点である龍陽路、そしてハイテク企業の集まる張江高科駅に着く。さらに路線は東へ延びるが市内からの列車は広蘭路駅止まりで、ここから先は4両編成の区間運転列車への乗換えが必要となり、川沙を経て上海浦東国際空港に到着する。 ラインカラーは緑色。

◇その他の軌道交通路線

上海軌道交通1号線上海軌道交通3号線上海軌道交通4号線上海軌道交通5号線上海軌道交通6号線上海軌道交通7号線上海軌道交通8号線上海軌道交通9号線上海軌道交通10号線上海軌道交通11号線上海軌道交通12号線上海軌道交通13号線上海軌道交通16号線上海軌道交通22号線

◇上海地下鉄路線図

上海軌道交通路線図(上海地下鉄路線図)

◇関連情報ページ

上海公共交通カード

上海の軌道交通(地下鉄)上海の交通機関

にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へにほんブログ村