上海体育場(八万人体育場)(スポーツ施設)

上海体育場(八万人体育場)の概要

上海体育場(八万人体育場)は上海徐匯区に1997年にオープンした総合屋外競技施設。
上海市南西部の徐匯区に位置し、1997年に第八回全国体育大会のメイン会場として建設された。
敷地面積19万平方米、建築面積17万平方米、スタンドの収容人員56000人を誇り、北京のオリンピックスタジアムが出来るまでは中国最大のスタジアムであった。
現在は中国スーパーリーグ(超級聯賽)の上海上港がホームスタジアムとして利用しているほか、音楽コンサートなどにも度々使用されていて、コンサート仕様の際の収容人員は4万3千人となっている。
また2008年の北京五輪時にはサッカー競技の会場としても使われた。
なお上海体育場は通称8万人スタジアム(八万人体育場)とも呼ばれており、実際は8万人は収容できないが上海市のシンボル的建築として現在の名称で呼ばれている。

上海体育場(八万人体育場)

上海体育場(八万人体育場)

上海体育場(八万人体育場)の基本情報

中国語名称:上海体育場
英語名称:Shanghai Stadium
開場:1997年
収容人員:56000人
所有者:上海市
本拠地クラブ:上海上港
住所:上海市徐匯区天鈅橋路666号
電話:021-64266666
休館日:なし
開放時間:
公式サイト:http://www.ssc.sh.cn/

上海体育場(八万人体育場)

上海体育場(八万人体育場)

上海体育場(八万人体育場)への交通アクセス・行き方

軌道交通(地下鉄):
軌道交通4号線上海体育場駅下車徒歩5分
世紀大道駅より25分)
軌道交通1号線4号線上海体育館駅下車徒歩10分
(上海火車站駅から20分、人民広場駅から15分、中山公園駅から10分)
軌道交通11号線上海遊泳館駅下車徒歩5分

公共路線バス:
漕渓路公交枢紐站

タクシー:
人民広場駅から15分約29元
世紀大道駅から25分約44元
上海南駅から12分約22元
上海浦東国際空港から40分約160元
上海虹橋駅から25分約59元

その他の上海の主要スポーツ観戦施設

上海体育館(上海大舞台)軌道交通14号線上海体育館駅
虹口足球場軌道交通38号線虹口足球場駅
上海遊泳館軌道交通11号線上海遊泳館駅
上海東方体育中心軌道交通6811号線東方体育中心駅
上海旗忠森林網球中心

上海体育場(八万人体育場)関連情報

上海体育場(八万人体育場)周辺のホテル

上海体育場(八万人体育場)の地図

スポーツ観戦エンターテイメント上海の観光地・レジャースポット

にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へにほんブログ村