上海東方芸術中心(音楽専用ホール)


上海東方芸術中心の情報

上海東方芸術中心の概要

上海東方芸術中心は上海浦東新区に2007年にオープンした大中小3つのホールを抱える音楽専用ホール。
コンサートホール(音楽庁)は100人を超えるオーケストラも収容可能なステージを取り囲むように座席が並ぶワインヤード形式のホールで、世界第一級のオーケストラが毎月のように訪れ演奏を行う。
またオペラホール(歌劇庁)は1057席の中規模ホールで、オーケストラピットを持つプロセニアム形式の舞台となり、主に演劇やバレエ、オペラなどの舞台芸術を主眼に作られ、回転舞台などの機構を備える。
パフォーマンスホール(演奏庁)は丸いステージを取り囲むように座席が配置されたオープン形式で、ピアノや弦楽器のリサイタルなどが開かれる。

東方芸術中心

東方芸術中心

上海東方芸術中心の基本情報

中国語名称:上海東方芸術中心
英語名称:Shanghai Oriental Art Center
開館:2005年7月1日
主要施設:
音楽庁:コンサートホール(1953席)、
歌劇庁:オペラホール(1015席)
演奏庁:パフォーマンスホール(333席)

住所:上海市浦東新区丁香路425号
電話:021-38424800
休館日:なし
開放時間:
公式サイト:http://www.shoac.com.cn/

上海東方芸術中心への交通アクセス

軌道交通(地下鉄):
軌道交通2号線上海科技館駅下車徒歩5分
人民広場駅から14分、中山公園駅から24分、虹橋火車站駅から42分)

タクシー:
人民広場駅から16分約27元
世紀大道駅から06分約15元
上海南駅から26分約62元
上海浦東国際空港から35分約126元

上海東方芸術中心関連情報

その他の上海のコンサートホール・音楽専用ホール

上海音楽庁
上海交響楽団ホール
賀緑汀音楽庁

上海東方芸術中心の周辺施設

上海科技館駅周辺のホテル

上海東方芸術中心の地図

コンサートホールエンターテイメント上海の観光地・レジャースポット

にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へにほんブログ村