上海地下鉄2・5・7・8・16号線は21時までの運営に、コロナウィルス対策で。


 新型コロナウィルスの流行を受けて、上海地下鉄の一部の路線で2月22日より最終運行時間を21時とすることになったと上海地下鉄公式サイトが伝えている。
 上海地下鉄によると、軌道交通2号線、5号線、7号線、8号線、16号線で最終運行時間を21時で打ち切るとのこと。
 具体的には、2号線は徐涇東駅及び浦東国際機場の最終発車時間が21時となる。
 5号線は莘庄発及び奉賢新城の最終発車時間が21時となり、支線については東川路発が21:21、閔行開発区発が21:10となる。
 7号線は美蘭湖と花木路の最終発車時間が21時となる。
 8号線は市光路と沈杜公路の最終発車時間が21時となる。
 16号線は龍陽路と滴水湖の最終発車時間が21時となる。

なお、これらの最終列車の運行時間切り上げは、新型コロナウィルスの状況が終息次第、通常の運行体制に戻されるとしており、改めて当局から発表されるとしている。

上海地下鉄路線図軌道交通2号線軌道交通5号線軌道交通7号線軌道交通8号線軌道交通16号線)

にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA