世界最大級の上海天文館(プラネタリウム)が一般公開


世界最大級となるプラネタリウムを備える上海天文館(上海科学技術館支部)が7月18日から一般公開されると、騰訊網が伝えている。
 上海天文館は中国(上海)自由貿易試験区の臨港新区にあり、建設面積は約38,000平方メートルで、「故郷」、「宇宙」、「旅」の3つのテーマ別展示エリアで構成されている。

そのほか中国の宇宙開発事業や、惑星に関する知識に関する展示エリア、火星へ飛行計画に関する展示がが行われ、8Kの高画質を使用した超高精細多機能ドームシアターなど新しいテクノロジーをふんだんに配した展示になっている。
 オープニングセレモニーでは、国家宇宙局から提供された嫦娥5号によって地球に持ち帰られた月の土壌サンプルがクリスタルカプセル内に収められ、今後上海天文館における目玉展示物のひとつとして注目されることになった。

(参考情報:上海天文館 :軌道交通16号線終点滴水湖駅から徒歩15分))

上海天文館外観

上海天文館外観

にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA